不景気.com > 企業不況 > フェリシモが米国・中国子会社を解散、営業休止や人件費高騰で

フェリシモが米国・中国子会社を解散、営業休止や人件費高騰で

フェリシモが米国・中国子会社を解散、営業休止や人件費高騰で

東証1部上場の通信販売大手「フェリシモ」は、100%出資子会社の「フェリシモ・ユニバーサル・コーポレーション・オブ・アメリカ」(アメリカ・ニューヨーク州)と「上海芬理希梦時装」(中国・上海市)を解散および清算すると発表しました。

1989年に設立のフェリシモ・ユニバーサル・コーポレーションは、アメリカ現地法人として各種事業を展開した後、海外事業の再編に伴い所有不動産の賃貸およびメンテナンスを手掛けていたものの、2011年5月に当該不動産を売却したため営業活動を休止していました。

一方、2003年に設立の上海芬理希梦時装は、衣料品などの生産・流通加工を主力に事業を展開していたものの、人件費の高騰などから厳しい環境が続いているため、現状での事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、これら子会社の解散に伴い約1億4500万円の特別損失を計上するとのことです。

海外子会社の解散に関するお知らせ:フェリシモ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事