不景気.com > 赤字決算 > エナリスの14年12月期は純損益21億円の赤字へ、疑義会計で

エナリスの14年12月期は純損益21億円の赤字へ、疑義会計で

エナリスの14年12月期は純損益21億円の赤字へ、疑義会計で

東証マザーズ上場で省エネ支援を手掛ける「エナリス」は、2014年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が21億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年12月期通期連結業績予想:エナリス

売上高営業損益純損益
前回予想 434億3300万円 22億400万円 12億6900万円
今回予想 349億円 1000万円 △21億5000万円
前期実績 86億5400万円 5億1400万円 1億400万円

疑義を指摘されていた一部の会計取引について、第三者調査委員会による調査結果から会計処理の変更が必要と判断、売上高の取り消しやのれん減損処理に伴い特別損失を計上したため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:エナリス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事