不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/16、倒産情報が続いた1週間

週刊不景気ニュース11/16、倒産情報が続いた1週間

週刊不景気ニュース11/16、倒産情報が続いた1週間

11月10日から16日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産情報が続いた1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、大阪の雑貨輸入販売「アシスト」、岐阜の建設業「中濃建設」、新潟の建築業「エムエム・アイ」、石川の建築業「はやし建設」、群馬の運送業「オフィス・ケイ・システム」、神奈川のピアノ運送・買取「全国ピアノ宅配便」、東京のゲームソフト開発「ヒットメーカー」、東京の出版業「佐久書房」、茨城のカラオケ店・ネットカフェ経営「いまを生きよう」、愛知の建築業「セントラル工建」、岐阜の建築業「満寿屋建設」、愛知の建築業「大栄コンストラクション」、兵庫の真珠製品加工「三英興業」となりました。

一方、東京のコールセンター受託運営「DIOジャパン」が民事再生法の適用を申請したほか、東京の元セミナー企画・運営「ティー・シー・ワークス」が特別清算の開始決定を受けました。

そのほか、インターネットサービス大手の「ヤフー」が17サービスを終了し、印刷物製造の「三光産業」が3工場を閉鎖、重機大手の「三菱重工業」が広島製作所と長崎造船所の鋳造工場を閉鎖するとそれぞれ発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事