不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/9、赤字業績や倒産が多い1週間

週刊不景気ニュース11/9、赤字業績や倒産が多い1週間

週刊不景気ニュース11/9、赤字業績や倒産が多い1週間

11月3日から9日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表や倒産が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、青森の食品製造「三ツ和食品」、北海道のタクシー運行「長栄交通」、兵庫の洋菓子製造「フーケ」、秋田のキャンピングカー製作「ファーストカスタム」、東京の人材紹介業「イムカ」、広島のメッキ加工「呉亜鉛」、静岡の総合卸問屋「小川富次郎商店」、高知の建築業「オーエーディー巧房」、兵庫の婦人下着製造「バリーレーン」となりました。

また、千葉のスーパーマーケット経営「ハローマート」と東京の子供服製造「ブーフーウー」が民事再生法の適用を申請しました。

そのほか、海運業の「第一中央汽船」、製紙業の「三菱製紙」、レストランチェーン展開の「フレンドリー」、繊維メーカーの「帝人」、鉄道車両製造の「近畿車輛」、自動車用安全部品製造の「タカタ」、居酒屋チェーン展開の「ワタミ」などが赤字業績を発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事