不景気.com > 赤字決算 > タカタの第2四半期は352億円の赤字転落、エアバッグ問題で

タカタの第2四半期は352億円の赤字転落、エアバッグ問題で

タカタの第2四半期は352億円の赤字転落、エアバッグ問題で

東証1部上場でエアバッグ・チャイルドシート・シートベルトなど自動車用安全部品製造の「タカタ」は、2015年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が352億4400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期第2四半期連結業績:タカタ

売上高営業損益純損益
15年3月期(2Q) 3020億2100万円 147億2500万円 △352億4400万円
前年同期 2629億8800万円 131億9700万円 7億6900万円
通期予想 6000億円 280億円 △250億円

為替の円安傾向に伴う収益の上振れなどから売上高・営業損益は前年同期を上回ったものの、エアバッグの不具合によるリコール問題に絡み、製品保証引当金繰入額として476億円、和解金として23億円のそれぞれ特別損失を計上したため、純損益は大幅な赤字転落となりました。

2015年3月期第2四半期決算短信:タカタ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事