不景気.com > 国内リストラ > 新日本理化がベンゼン誘導体事業を廃止、採算悪化で

新日本理化がベンゼン誘導体事業を廃止、採算悪化で

新日本理化がベンゼン誘導体事業を廃止、採算悪化で

東証1部上場で化成品製造の「新日本理化」は、2015年5月をめどにベンゼン誘導体事業を廃止すると発表しました。

対象となるのはシクロヘキシルアミン・ジシクロヘキシルアミンおよびその誘導品の生産・販売事業で、生産設備の老朽化などから多額の設備投資費用が必要となる一方、国内市場の縮小や安価な海外製品の増加も重なり採算が悪化しているため、事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、当該事業に属する従業員については他製品の生産拡大に向けた配置転換などで対応する予定で、生産設備などの資産については処分を含めて検討するとのことです。

ベンゼン誘導体事業の廃止に関するお知らせ:新日本理化

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事