不景気.com > 国内倒産 > 神戸の人気店「西洋菓子処フーケ」が自己破産へ、負債6億円

神戸の人気店「西洋菓子処フーケ」が自己破産へ、負債6億円

神戸の人気店「西洋菓子処フーケ」が自己破産へ、負債6億円

兵庫県神戸市に本拠を置く洋菓子製造の「フーケ株式会社」は、10月31日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1970年に創業の同社は、「西洋菓子処フーケ」の屋号で洋菓子の製造・販売を手掛け、ピーク期には神戸など関西圏にて20店舗以上を展開したほか、創業者で現代表の上野氏は洋菓子関連において多くの受賞歴があるなど同地区を代表する洋菓子店として高い知名度を有していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや競争激化などから売上が減少すると、神戸・淡路大震災からの復旧費用や事業拡大に伴う借入金が資金繰りを逼迫したため、店舗閉鎖などのリストラ策を進めたものの、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約6億円の見通しです。

神戸新聞NEXT|洋菓子の老舗 フーケが自己破産申請へ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事