不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの第2四半期は277億円の赤字転落

ジャパンディスプレイの第2四半期は277億円の赤字転落

ジャパンディスプレイの第2四半期は277億円の赤字転落

東証1部上場で中小型ディスプレイ製造の「ジャパンディスプレイ」は、2015年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が277億9100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期第2四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
15年3月期(2Q) 2855億7400万円 △202億7100万円 △277億9100万円
前年同期 3209億6400万円 139億2500万円 265億3500万円
通期予想 7400億円 65億円 △121億3200万円

中国以外の地域向け販売が減少したほか、取引先で台湾のタッチパネル製造大手「ウィンテック」の会社更生法申請に伴い貸倒引当金繰入額として21億3200万円の特別損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2014年3月期第2四半期決算短信:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事