不景気.com > 不景気ニュース > 7-9月期のGDPは年率マイナス1.6%、増税影響から脱せず

7-9月期のGDPは年率マイナス1.6%、増税影響から脱せず

7-9月期のGDPは年率マイナス1.6%、増税影響から脱せず

内閣府は、「2014年7-9月期四半期別GDP速報」(1次速報値)を発表し、7-9月期の実質GDP成長率が4-6月期に比べマイナス0.4%、年率換算でマイナス1.6%となりました。

消費増税の駆け込み需要に伴う反動減が予測された前四半期(4-6月期)に対し、当四半期(7-9月期)はプラスへの転換が確実視されていたものの、予想に反し2四半期連続のマイナス成長に陥るなど長引く消費増税の影響が浮き彫りとなりました。

政府は消費税10%への増税を先送りするとの見方が大方の予想となっているものの、この結果を受け、増税先送りがより確実な状況となっています。

四半期別GDP速報(2014(平成26)年7-9月期・1次速報):内閣府

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事