不景気.com > 国内倒産 > 映画配給の「フランス映画社」が破産、「勝手にしやがれ」配給

映画配給の「フランス映画社」が破産、「勝手にしやがれ」配給

映画配給の「フランス映画社」が破産、「勝手にしやがれ」配給

東京都中央区に本拠を置く映画配給会社の「株式会社フランス映画社」は、11月12日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1968年に設立の同社は、フランスをはじめとするヨーロッパ映画の配給を主力に事業を展開するほか、日本映画の海外輸出も手掛け、これまでに「ベルリン・天使の詩」「勝手にしやがれ」などの作品を配給していました。

しかし、ハリウッド映画や国内超大作など娯楽映画全盛の時代になりヨーロッパ映画が苦戦すると、配給作品数の減少などから業績が悪化したため、8月末をもって営業を停止し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約3800万円の見通しです。

ヨーロッパ映画配給・フランス映画社が破産 (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事