不景気.com > 企業不況 > スターホールディングスが取立不能のおそれ、子会社譲渡に絡み

スターホールディングスが取立不能のおそれ、子会社譲渡に絡み

スターホールディングスが取立不能のおそれ、子会社譲渡に絡み

ジャスダック上場の元証券業「スターホールディングス」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

旧子会社の太陽光発電・省エネ機器販売「グリーン環境」(東京都港区)の全株式を「運河礎石」(香港)へ譲渡したことに伴い、旧子会社への貸付金1億4000万円について運河礎石が2000万円の支払いをすることにより、残りの1億2000万円については債権放棄することで合意していました。

しかし、運河礎石が支払期日までに当該額の支払いを行わなかったことから、債権放棄を行わず全債権1億4000万円について引き続き支払いを求めることとなったため、取立不能および取立遅延のおそれが生じたものです。

なお、当該債権のうち1億円については貸倒引当済みで、業績に与える影響については現在精査中とのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:スターホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事