不景気.com > 海外倒産 > 太平洋セメントの海外子会社「サンシン・ハンガリー」が破産申請

太平洋セメントの海外子会社「サンシン・ハンガリー」が破産申請

太平洋セメントの海外子会社「サンシン・ハンガリー」が破産申請

東証1部・福証上場のセメント大手「太平洋セメント」は、100%出資子会社「サンシン電機インターナショナル」(東京都港区)の子会社「サンシン・ハンガリー」(ハンガリー・ナジクロシ市)が10月28日付でハンガリー破産・清算法に基づき破産申請すると発表しました。

1999年に設立の同子会社は、欧州企業向け電子機器の製造受託サービスを主力に事業を展開していたものの、欧州経済の低迷に伴う受注の大幅減で事業継続が困難となったため、2012年1月に解散し事後処理を進めていました。

負債総額は36億2200万フォリント(約16億3000万円)で、現在の未払い債務は親会社のサンシン電機インターナショナルに対する借入金のみとなっているものの、弁済の見込みがないことから今回の措置に至ったようです。

なお、当該債権については会計処理済みのため、業績への影響はないとのことです。

子会社の破産手続申請に関するお知らせ:太平洋セメント

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事