不景気.com > 国内倒産 > 秋田の食品加工「日本ナチュラル」が自己破産申請し倒産へ

秋田の食品加工「日本ナチュラル」が自己破産申請し倒産へ

秋田の食品加工「日本ナチュラル」が自己破産申請し倒産へ

秋田県大館市に本拠を置く食品加工の「日本ナチュラル株式会社」は、10月22日までに自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2008年に設立の同社は、当初の農業資材販売や農産物の生産販売から農産品の加工事業に進出すると、学校給食など業務用のカット野菜や野菜ペースト・餡の加工を主力に事業を展開していました。

しかし、原料となる野菜の高騰や燃料費の上昇などから採算が悪化すると、借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

読売新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約1億4000万円の見通しです。

野菜カットし販売、食品会社が自己破産申請へ : 読売新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事