不景気.com > 海外リストラ > JTが欧州で2工場の閉鎖検討、1100名の雇用に影響

JTが欧州で2工場の閉鎖検討、1100名の雇用に影響

JTが欧州で2工場の閉鎖検討、1100名の雇用に影響

東証1部上場の「日本たばこ産業」(JT)は、欧州におけるたばこ製造拠点の再編について協議を始めると発表しました。

閉鎖を検討するのは、北アイルランドのリスナフィラン工場とベルギーのウェルヴィク工場で、これらの製造機能をポーランドおよびルーマニアの工場へ移管し、この施策に伴い約1100名の雇用に影響が出る見通しです。

欧州の主要市場では長引く景気低迷やたばこ税の増税で市場規模が縮小しており、今後は製品の個装形状の制限も想定されることから、製造拠点の再編による合理化が必要と判断したようです。

欧州におけるたばこ製造拠点再編に関する協議開始について:JT

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事