不景気.com > 企業不況 > 石塚硝子が中国のガラス食器生産子会社を解散

石塚硝子が中国のガラス食器生産子会社を解散

石塚硝子が中国のガラス食器生産子会社を解散

東証・名証1部上場のガラス容器メーカー「石塚硝子」は、100%出資子会社の「亜徳利玻璃」(中国・広東省)を解散および清算すると発表しました。

2009年に設立の同子会社は、ガラス食器などの製造・販売を主力に事業を展開しているものの、ガラス容器の需要減で厳しい環境が続いているほか、人件費の高騰などから採算が悪化しているため、現状での事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

2016年に清算が結了する予定で、この件ならびに香港子会社「石塚玻璃」の解散に伴う特別損失・関係会社整理損として16億9900万円を計上するとのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:石塚硝子

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事