不景気.com > 企業不況 > アイフリークが取立不能のおそれ、取引先「ライズ」返済遅延で

アイフリークが取立不能のおそれ、取引先「ライズ」返済遅延で

アイフリークが取立不能のおそれ、取引先「ライズ」返済遅延で

ジャスダック上場でモバイルコンテンツ事業を手掛ける「アイフリークホールディングス」は、インターネット通販子会社「アイフリークプロダクツセールス」が保有する債権について取立遅延および回収不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の化粧品製造・販売業「株式会社ライズ」(東京都新宿区)に対する売掛債権について、すでに2回の返済遅延が発生しているほか、度重なる代表者の変更や返済遅延に対する説明責任が果たされていないことが理由で、債権額は売掛金5900万円(連結純資産に対し259%相当)の見込みです。

なお、当該債権については今後も回収に向けて交渉を継続する一方、債権の一部または全部について貸倒引当金を設定する可能性があるとのことです。

債権の取立遅延と回収不能のおそれに関するお知らせ:アイフリークホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事