不景気.com > 国内倒産 > 山形の老舗旅館「ホテルつるや」に特別清算の開始決定

山形の老舗旅館「ホテルつるや」に特別清算の開始決定

山形の老舗旅館「ホテルつるや」に特別清算の開始決定

官報によると、山形県天童市に本拠を置く旅館経営の「株式会社ホテルつるや」は、10月3日付で山形地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1921年に創業の同社は、天童温泉にて部屋数26室・収容人数142名の温泉旅館「檜風呂の宿つるや」を経営し、日本庭園や檜風呂が特徴となっていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みに加え、東日本大震災の影響で業績が悪化したため、営業継続を目的として新会社を設立し事業を継承する一方、自らは清算目的会社として事後処理を進めていました。

河北新報(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約5億円の見通しです。

天童の旧ホテルつるやが特別清算を開始 負債5億円 | 河北新報

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事