不景気.com > 企業不況 > ゼットが子会社「ゼオス宇部」「ブリリアンス」を解散

ゼットが子会社「ゼオス宇部」「ブリリアンス」を解散

ゼットが子会社「ゼオス宇部」「ブリリアンス」を解散

東証2部上場のスポーツ用品メーカー「ゼット」は、100%出資子会社の「ゼオス宇部」(山口県宇部市)と「ブリリアンス」(東京都台東区)を解散および清算すると発表しました。

1990年に設立のゼオス宇部は、フィットネスクラブの運営を主力に事業を展開していたものの、2013年7月に店舗を閉鎖し営業活動を休止していました。

また、2007年に設立の「ブリリアンス」は、アパレル製品の製造・販売を手掛けていたものの、こちらも2009年9月に店舗を閉店し休眠会社となっていました。

両社ともに事業活動を再開する見込みがなく、残務処理が終了したことから解散の決定に至ったようです。今後は、9月22日付で同子会社にて解散を決議し、12月下旬をめどに清算が結了する予定です。

子会社の解散に関するお知らせ:ゼット

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事