不景気.com > 企業不況 > 東京製綱がマレーシア現地法人を解散、需要低迷で

東京製綱がマレーシア現地法人を解散、需要低迷で

東京製綱がマレーシア現地法人を解散、需要低迷で

東証1部上場でワイヤーロープ・スチールコード製造の「東京製綱」は、100%出資子会社の「TOKYO ROPE MALAYSIA」(マレーシア)を解散および清算すると発表しました。

2010年に設立の同子会社は、東南アジア地区におけるソーワイヤ・タイヤコードの生産・販売拠点として事業を展開していたものの、ソーワイヤの需要急減により収益が悪化したため、2012年度末をもって生産休止に追い込まれ、市況の低迷が続くなかで事業再開は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

今後は10月より解散の手続に入る予定で、この件に伴う損失は全額引当済みのため、連結業績への影響は軽微とのことです。

子会社の解散および清算に関するお知らせ:東京製綱

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事