不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の飲食店経営「パッピーダイニング」が破産、負債50億円

愛媛の飲食店経営「パッピーダイニング」が破産、負債50億円

愛媛の飲食店経営「パッピーダイニング」が破産、負債50億円

愛媛県松山市に本拠を置く飲食店経営の「株式会社キッチンファクトリー」(旧商号:株式会社ハッピーダイニング)は、9月2日付で松山地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2006年に設立の同社は、松山市内にてレストラン「THE MERCER」などの店名で飲食店を経営するほか、エステサロンの経営にも進出し、ピーク期には飲食店8店舗・エステサロン2店舗を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みに加え、積極的な事業展開による借入金が資金繰りを逼迫したため、事業継続を断念するとともに今年7月に現商号へ改称し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約50億円の見通しです。

キッチンファクトリーが破産開始決定 (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事