不景気.com > 国内倒産 > 福岡のスクラップ処理「エコひろなか」が自己破産申請し倒産へ

福岡のスクラップ処理「エコひろなか」が自己破産申請し倒産へ

福岡のスクラップ処理「エコひろなか」が自己破産申請し倒産へ

福岡県北九州市に本拠を置くスクラップ処理の「株式会社エコひろなか」は、8月29日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1975年に設立の同社は、使用済み自動車や自動販売機・廃プラスチックなどの破砕・解体・分別を主力に事業を展開し、製鉄会社を主な取引先として回収・リサイクルした鉄屑や非鉄金属の販売を手掛けていました。

しかし、景気低迷による鉄需要の減少や市況の落ち込みなどで業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりからこれ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)などが伝えたところによると、負債総額は約10億円の見通しです。

エコひろなか:破産申請を準備 負債総額10億3000万円 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事