不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/31、リストラや倒産が話題に

週刊不景気ニュース8/31、リストラや倒産が話題に

週刊不景気ニュース8/31、リストラや倒産が話題に

8月25日から31日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラや倒産の話題が多い1週間となりました。

破産手続により倒産したのは、東京のリフォーム工事「ハウスサポート」、福岡の食品添加物販売「協和商会」、神奈川の修繕工事「ベクター」、愛知の建設業「ヤシマ」、奈良の米菓製造「小原製菓」、鹿児島の時計販売「時報堂」、東京の金融業「コスモファイナンス」となったほか、愛知の建設業「新美建設」が事後処理を弁護士に一任、また、奈良の靴下製造「旭繊維」と東京の婦人服販売「オルケス」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、人員削減では、レコード会社の「日本コロムビア」で30名、「マレーシア航空」で6000名をそれぞれ削減するほか、半導体大手の「ルネサスエレクトロニクス」はすでに公表していた削減策に対し361名が応募したと発表しました。

そのほか、繊維メーカーの「ユニチカ」が子会社の佐賀工場を閉鎖し、レストラン経営の「精養軒」が東京都内の2店舗を閉鎖すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事