不景気.com > 赤字決算 > ユニチカの第1四半期は純損益33億円の赤字、構造改革費用で

ユニチカの第1四半期は純損益33億円の赤字、構造改革費用で

ユニチカの第1四半期は純損益33億円の赤字、構造改革費用で

東証1部上場の繊維メーカー「ユニチカ」は、2015年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が33億6100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期第1四半期連結業績:ユニチカ

売上高営業損益純損益
15年3月期(1Q) 379億3100万円 15億3400万円 △33億6100万円
前年同期 382億3300万円 18億5300万円 14億4600万円
通期予想 1650億円 80億円 △370億円

営業損益は黒字を維持したものの、債務1612億円の返済猶予に伴うデリバティブ評価損や開発中不動産の処分費用などとして11億6000万円の事業構造改善費用を計上したほか、子会社が所有するゴルフ場関連資産について12億5700万円の減損損失や繰延税金資産の取り崩しとして15億4900万円の法人税等調整額を計上したため純損益は赤字転落となりました。

なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2015年3月期第1四半期決算短信:ユニチカ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事