不景気.com > 国内倒産 > 佐賀の情報誌「月刊タウン情報さが」発行会社が自己破産申請へ

佐賀の情報誌「月刊タウン情報さが」発行会社が自己破産申請へ

佐賀の情報誌「月刊タウン情報さが」発行会社が自己破産申請へ

佐賀県佐賀市に本拠を置く出版業の「西日本情報センター」は、8月6日までに事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1986年に創業の同社は、1994年に佐賀県内を対象とする地域情報誌「月刊タウン情報さが」(定価280円)を創刊すると、その後は久留米市や鳥栖市などを対象とする情報誌「月刊タウン情報ぴーぷる」や佐賀の情報を扱うムック本の発行、インターネット情報サイトの運営を主力に事業を展開していました。

しかし、デジタル化の進展やフリーペーパーとの競争激化で発行部数が落ち込むと、資金繰りの行き詰まりに加え今後の業績回復も見込めないと判断し今回の措置に至ったようです。

佐賀新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約2000万円の見通しです。

「月刊タウン情報さが」発行の西日本情報センターが破産準備|佐賀新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事