不景気.com > 国内リストラ > 小僧寿しが希望退職による30名の削減へ、全社員の3分の1

小僧寿しが希望退職による30名の削減へ、全社員の3分の1

小僧寿しが希望退職による30名の削減へ、全社員の3分の1

ジャスダック上場の持ち帰り寿しチェーン「小僧寿し」は、希望退職者の募集による30名の人員削減を明らかにしました。

削減数は全社員93名の約3分の1で、退職日は8月31日。また、退職者には割増加算金を別途支給する方針です。

スーパーやコンビニエンスストアにおける持ち帰り寿しの品質・価格競争力の向上により業績が悪化していることから、人員の適正化による固定費の削減が急務と判断し今回の決定に至ったようです。

同社は、2013年2月にも希望退職者の募集により66名を削減していました。

希望退職者の募集に関するお知らせ:小僧寿し

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事