不景気.com > 不景気ニュース > 4-6月期のGDPは年率6.8%減、消費増税の影響で

4-6月期のGDPは年率6.8%減、消費増税の影響で

4-6月期のGDPは年率6.8%減、消費増税の影響で

内閣府は、「2014年4-6月期四半期別GDP速報」を発表し、4-6月期の実質GDP成長率が1-3月期に比べ1.7%減、年率換算で6.8%減となりました。

年率換算のマイナス6.8%は、東日本大震災の影響を受けた2011年1-3月期に匹敵する水準で、また、マイナスに転じるのは2四半期ぶりのことです。

消費増税の駆け込み需要に伴う反動減が主因で、そのためマイナスに転じるのは織り込み済みだったものの、今後の回復如何では消費税10%への増税の判断にも影響を及ぼしそうです。

統計表(四半期別GDP速報) - 内閣府

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事