不景気.com > 国内倒産 > 静岡の建築業「昌永建設」が破産開始決定受け倒産

静岡の建築業「昌永建設」が破産開始決定受け倒産

静岡の建築業「昌永建設」が破産開始決定受け倒産

官報によると、静岡県富士宮市野中町に本拠を置く建築業の「昌永建設」は、7月17日付で静岡地方裁判所富士支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、1971年に創業の同社は、富士宮市およびその近郊を営業エリアに木造注文住宅や自然素材を活かした戸建て住宅の建築を主力とするほか、土地などの不動産売買・仲介も手掛けていました。

事件番号は平成26年(フ)第129号で、破産管財人には杉山利朗弁護士が選任されており、破産債権の届出期間は8月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は11月12日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事