不景気.com > 不景気ニュース > 4月の生活保護数216万人・世帯160万、新年度で減少

4月の生活保護数216万人・世帯160万、新年度で減少

4月の生活保護数216万人・世帯160万、新年度で減少

厚生労働省が発表した「被保護者調査」(概数)によると、4月の生活保護受給者数は前の月に比べ1万1292人減の215万9847人、受給世帯数は同1922世帯減の160万241世帯となり、ともに過去最多だった前月から減少したことが明らかになりました。

被保護世帯数および被保護実人員:厚生労働省調べ

被保護世帯数被保護実人員
14年4月 160万241世帯 215万9847人
14年3月 160万2163世帯 217万1139人
14年2月 159万8818世帯 216万6381人
14年1月 159万9186世帯 216万7927人
13年12月 159万8072世帯 216万7220人
13年11月 159万5596世帯 216万4857人
13年10月 159万4729世帯 216万4338人
13年9月 159万911世帯 215万9808人
13年8月 159万249世帯 215万9877人
13年7月 158万8521世帯 215万8946人
13年6月 158万3308世帯 215万3122人
13年5月 158万2066世帯 215万3816人

例年4月は新年度を迎え就職する人の数が増えるため、3月に比べ生活保護受給者数が減少する傾向にある一方、2013年4月と比べると受給者数で8004人の増加、世帯数で2万2209世帯の増加となっていることから、環境が改善しているとは言えない状況です。

被保護者調査(平成26年4月分概数)|厚生労働省

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事