不景気.com > 企業不況 > ポプラが子会社「キリン堂薬局」を解散、債権4.7億円放棄

ポプラが子会社「キリン堂薬局」を解散、債権4.7億円放棄

ポプラが子会社「キリン堂薬局」を解散、債権4.7億円放棄

東証1部上場のコンビニエンスストアチェーン「ポプラ」は、100%出資子会社の「キリン堂薬局」(広島県広島市)を解散および清算すると発表しました。

1972年に設立の同子会社は、ドラッグストアの経営を主力に事業を展開していたものの、赤字が続き債務超過の状態に陥っているほか、グループのドラッグストア事業を再編したことから今回の措置に至ったようです。

7月4日付で同子会社にて解散を決議し、9月をめどに清算が結了する予定で、同子会社に対する貸付債権4億7000万円について債権放棄することも併せて明らかにしました。

子会社の解散および債権放棄に関するお知らせ:ポプラ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事