不景気.com > 国内倒産 > 大阪の運送業「北河内急達運輸」が破産開始決定受け倒産

大阪の運送業「北河内急達運輸」が破産開始決定受け倒産

大阪の運送業「北河内急達運輸」が破産開始決定受け倒産

官報によると、大阪府大阪市都島区に本拠を置く運送業の「北河内急達運輸」は、7月15日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1922年(大正11年)に創業、1953年に法人化した同社は、大手スーパーや量販店の店舗集配送業務などを手掛け、大阪・京都・滋賀を営業エリアとしてピーク期には車両130台・年間売上約35億円を計上するなど事業を拡大したものの、その後は景気低迷による受注減や競争激化で業績が悪化したため今回の措置に至ったようです。

事件番号は平成26年(フ)第2796号で、破産管財人には中西敏彰弁護士が選任されており、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は10月22日までです。また、関連会社の「北河内物流サービス」も同様の措置が取られました。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事