不景気.com > 赤字決算 > Jリーグの13年度、赤字・債務超過ともに11クラブ、全40クラブ中

Jリーグの13年度、赤字・債務超過ともに11クラブ、全40クラブ中

Jリーグの13年度、赤字・債務超過ともに11クラブ、全40クラブ中

サッカーのJリーグが発表した「2013年度Jクラブ経営情報開示」によると、全40クラブ(J1=18クラブ・J2=22クラブ)のうち当期純損益が赤字となったのは11クラブで、また、債務超過に陥ったのも11クラブだったことが明らかになりました。

クラブ
当期赤字 神戸(3億7000万円)、鳥栖(2億9900万円)、福岡(8700万円)、名古屋(7800万円)、東京V(7000万円)、G大阪(6300万円)、栃木(4700万円)、清水(4000万円)、群馬(1800万円)、湘南(1100万円)、長崎(1100万円)
債務超過 神戸(16億2200万円)、横浜FM(6億7700万円)、大分(3億6400万円)、鳥栖(2億700万円)、岐阜(9300万円)、栃木(6300万円)、熊本(6100万円)、群馬(5600万円)、札幌(3100万円)、福岡(2800万円)、北九州(1100万円)

*括弧内の数字は赤字額または債務超過額。赤字・債務超過ともに額が大きい順。

前年度に比べ、赤字だったクラブは12クラブから減少した一方、債務超過に陥っているクラブは9クラブから増加する結果となりました。クラブチームの経営健全化に向け、2012年度から3期連続で赤字を計上した場合、もしくは2014年度までに債務超過を解消できない場合はリーグ戦に参加できなくなることから、今年度の経営収支が重要になります。

Jリーグ - 2013年度Jクラブ経営情報開示

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事