不景気.com > 企業不況 > インスパイアーを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止懸念

インスパイアーを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止懸念

インスパイアーを監理銘柄(確認中)に指定、上場廃止懸念

東京証券取引所は、ジャスダック上場でIT関連セキュリティサービスを手掛ける「インスパイアー」を監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、同社が2014年3月期有価証券報告書の法定提出期限から延長承認を受けた7月31日までに同報告書を提出できない見込みとなったための措置で、延長承認後の期限最終日から8営業日後となる8月12日までに同報告書を提出できない場合は上場廃止となります。

カード事業に絡む過去の不適切な会計処理に伴い第三者調査委員会から調査報告書を受領したものの、一時会計監査人が辞任したことで会計監査人が不在となったことに加え、予備調査を依頼した新たな候補者にも監査契約を拒否されたことから報告書の提出が困難な状況に陥っています。

同社によると「一時会計監査人の選任を行うべく努力を継続する」ものの、8月12日までの期限が迫っていることから厳しい状況に追い込まれています。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-インスパイアー(株)-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事