不景気.com > 赤字決算 > 遠藤照明がデリバティブ評価損を計上へ、為替予約に起因

遠藤照明がデリバティブ評価損を計上へ、為替予約に起因

遠藤照明がデリバティブ評価損を計上へ、為替予約に起因

東証1部の照明器具メーカー「遠藤照明」は、2015年3月期第1四半期決算においてデリバティブ評価損が発生する見通しを明らかにしました。

これは、将来のリスクに備えるための為替予約に起因するもので、第1四半期決算において9800万円の特別損失を計上する予定です。

なお、同社の2015年3月期連結業績予想によると、当期純損益は25億円の黒字を見込んでおり、業績予想に影響がある場合は確定次第明らかにするとのことです。

デリバティブ評価損発生見込みに関するお知らせ:遠藤照明

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事