不景気.com > 赤字決算 > ベネッセの第1四半期は136億円の赤字、情報流出問題で

ベネッセの第1四半期は136億円の赤字、情報流出問題で

ベネッセの第1四半期は136億円の赤字、情報流出問題で

東証1部上場で通信教育大手の「ベネッセホールディングス」は、2015年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が136億3700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2015年3月期第1四半期連結業績:ベネッセホールディングス

売上高営業損益純損益
15年3月期(1Q) 1155億1900万円 49億8200万円 △136億3700万円
前年同期 1130億1500万円 56億8900万円 26億3400万円
通期予想 未定 未定 未定

顧客情報の流出問題に絡み、顧客に対するお詫びやお詫び文書の発送費用、さらに問い合わせ対応や調査・セキュリティ対策費用などとして260億円の特別損失を計上したことから、純損益は大幅な赤字転落となりました。

なお、情報流出問題の調査が継続していることに伴い新規の営業活動を休止しているため、通期業績については前回予想を撤回し未定としています。

2015年3月期第1四半期決算短信:ベネッセホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事