不景気.com > 国内倒産 > 映像・ウェブ制作の「ThanksLab」が破産開始決定受け倒産

映像・ウェブ制作の「ThanksLab」が破産開始決定受け倒産

映像・ウェブ制作の「ThanksLab」が破産開始決定受け倒産

東京都千代田区に本拠を置く映像・ウェブ制作業の「ThanksLab」は、6月19日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2009年に設立の同社は、ウェブサイトや映像・映画・アニメなどのコンテンツ制作を主力に事業を展開するほか、舞台演出やゲーム制作も手掛け、日本企業として初となるインド市場向けオリジナルアニメの「バトゥ外伝」を制作しインド全土で放映されるなど話題となっていました。

しかし、手広く事業を手掛けたものの収益性は低迷したほか、多額の制作費が資金繰りを逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約3億円の見通しです。

映像・WEBサイト制作のThanksLabが破産 (東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事