不景気.com > 国内倒産 > リゾートクラブ運営の「サンダンス・リゾート」が民事再生法申請

リゾートクラブ運営の「サンダンス・リゾート」が民事再生法申請

リゾートクラブ運営の「サンダンス・リゾート」が民事再生法申請

東京都新宿区に本拠を置く会員制リゾートクラブ運営の「サンダンス・リゾート」は、6月25日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1998年に「サンテラ・ジャパン」として設立の同社は、ポイント権と呼ばれる会員権を購入し宿泊費無料で利用できるシステムを採用した会員制のリゾートクラブを運営し、同年に河口湖(山梨県富士河口湖町)・苗場(新潟県湯沢町)にリゾート施設をオープンすると、その後は関東圏を中心に北海道や沖縄にもリゾート施設をオープンするなど国内28施設の管理・運営を手掛けていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みやレジャーの多様化などからポイント権の販売が低調に推移すると、資金繰りの行き詰まりから自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約5億7000万円の見通しです。

サンダンス・リゾートが民事再生 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事