不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の元・建設業「松韻」に特別清算の開始決定

愛媛の元・建設業「松韻」に特別清算の開始決定

愛媛の元・建設業「松韻」に特別清算の開始決定

愛媛県松山市に本拠を置く元・建設業の「松韻」(旧商号:二神組)は、5月26日付で松山地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1913年(大正2年)に「二神組」として創業の同社は、四国を主な営業エリアとして道路・トンネルなどの土木工事や学校・医療施設などの建築工事を手掛け、同エリアでは高い知名度を有するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減や競争激化で受注が落ち込むと、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、事業継続を目的として新会社「二神組」を設立し事業を継承する一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約36億円の見通しです。

愛媛の松韻が特別清算開始決定受ける (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事