不景気.com > 買収合併 > パイオニアとオンキヨーがAV機器事業を一部統合へ

パイオニアとオンキヨーがAV機器事業を一部統合へ

パイオニアとオンキヨーがAV機器事業を一部統合へ

東証1部上場の電機メーカー「パイオニア」は、ジャスダック上場の音響機器メーカー「オンキヨー」とAV機器事業の一部統合を目指し検討を開始すると発表しました。

これに先立ち、パイオニアは100%出資するAV機器事業子会社「パイオニアホームエレクトロニクス」の株式の51%を香港の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」へ、残りの一部をオンキヨーへそれぞれ売却することも併せて明らかにしました。

パイオニアは、高品質なオーディオ機器などで評価を高めたものの、近年は携帯音楽プレーヤーの普及など音楽の楽しみ方が変化していることから、AV機器事業単体での生き残りは厳しいと判断、同じ環境に置かれているオンキヨーとの経営資源の共有やコスト削減、さらに投資ファンドの資本力による事業規模の拡大を目指し今回の決定に至ったようです。

ホームAV事業の資本・業務提携に関する基本合意書の締結について:パイオニア

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事