不景気.com > 国内倒産 > 福岡の酒類卸「大津屋」が自己破産申請し倒産へ

福岡の酒類卸「大津屋」が自己破産申請し倒産へ

福岡の酒類卸「大津屋」が自己破産申請し倒産へ

福岡県桂川町に本拠を置く酒類卸の「大津屋」は、6月6日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1957年に創業の同社は、筑豊地区を主な営業エリアとしてスーパーやディスカウントストア・飲食店などに酒類の卸売を手掛け、老舗の酒類卸売業者として地元では高い知名度を有していました。

しかし、若者の酒離れによる市場の縮小などから売上が減少すると、借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は約10億円の見通しです。

大津屋:酒類卸、自己破産申請へ /福岡 - 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事