不景気.com > 企業不況 > メッツが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

メッツが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

メッツが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

東証マザーズ上場の不動産業「メッツ」は、2014年3月期有価証券報告書において「継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる」との注記を加えると発表しました。

2014年3月期決算において赤字を計上した一方、収益改善策の方向性が見え始めているとして疑義注記を見送ったものの、同改善策について注意深く検証した結果、早期の業績回復は不透明と判断し疑義注記を決定したようです。

同社によると、不動産再生事業にとどまらず、不動産売買仲介や不動産賃貸へ事業領域を拡大するほか、各種コスト削減を徹底することで業績回復へ繋げるとのことです。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ:メッツ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事