不景気.com > 国内倒産 > 熊本の「火の国酒造」が破産決定受け倒産、旧「美少年酒造」

熊本の「火の国酒造」が破産決定受け倒産、旧「美少年酒造」

熊本の「火の国酒造」が破産決定受け倒産、旧「美少年酒造」

熊本県熊本市に本拠を置く醸造会社の「火の国酒造」は、5月20日付で熊本地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1879年(明治12年)に創業の同社は、1950年に「美少年酒造」へ商号を改称し、「美少年」のブランド名で日本酒を製造するほか、焼酎の製造も手掛けるなど全国的な知名度を有していました。

しかし、事故米の不正転売で問題になった米販売業者の「三笠フーズ」から事故米を仕入れていたことが発覚したため商品の自主回収を余儀なくされたほか、三笠フーズから裏金を受領していたことも明らかとなり信用が失墜したことから、2009年には民事再生法の適用を申請していました。

その後は商号を「火の国酒造」へ改称し、スポンサー支援の下で2013年1月には民事再生手続終結の決定を受けたものの、同年8月に新会社「美少年」へ全事業を譲渡したため、遂に今回の措置となったようです。

かつての「美少年」、火の国酒造が破産手続き : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事