不景気.com > 海外リストラ > 旭硝子がベルギーのガラス工場を閉鎖、47億円の損失計上

旭硝子がベルギーのガラス工場を閉鎖、47億円の損失計上

旭硝子がベルギーのガラス工場を閉鎖、47億円の損失計上

東証1部上場の「旭硝子」は、欧州子会社「AGCガラス・ヨーロッパ」のルー工場(ベルギー・ルー)を閉鎖すると発表しました。

同工場では太陽電池用カバーガラスの製造を主力に事業を展開しているものの、供給過剰による価格低下で採算が悪化しており、また、同工場における他製品への生産転換も不可能と判断し今回の閉鎖を決定したようです。

同工場の従業員は190名。同社では労働組合への説明および協議を終了しており、この閉鎖に伴う事業構造改善費用として約47億円を見込むとのことです。

欧州子会社工場の閉鎖に関するお知らせ:旭硝子

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事