不景気.com > 国内倒産 > 和歌山の老舗農薬商社「トコリ」が自己破産申請し倒産

和歌山の老舗農薬商社「トコリ」が自己破産申請し倒産

和歌山の老舗農薬商社「トコリ」が自己破産申請し倒産

和歌山県有田市に本拠を置いていた農薬商社の「株式会社トコリ」(現商号:エステート)は、5月8日付で大阪地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1899年(明治32年)に創業の同社は、農薬をはじめ農具・農業資材などの販売を主力に事業を展開するほか、グループ企業を通じボーリング場やアミューズメント施設の運営も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、農業市場の縮小で売上が減少したほか、レジャーの多様化でボーリング場事業を行うグループ企業の業績も悪化すると、積極的な事業拡大が裏目となり資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約26億円の見通しで、ボーリング場事業を手掛けていたグループ企業の「トコリ・グローバル」(現商号:ネクスト)は3月24日付で民事再生法の適用を申請しています。

農具・農業資材販売のトコリが自己破産申請へ | WBS和歌山放送ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事