不景気.com > 赤字決算 > ソニーの15年3月期は純損益500億円の連続赤字へ

ソニーの15年3月期は純損益500億円の連続赤字へ

ソニーの15年3月期は純損益500億円の連続赤字へ

東証1部上場の電機大手「ソニー」は、2014年3月期決算短信を発表し、当期純損益が1283億6900万円の赤字に転落し、次期純損益も500億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期連結業績:ソニー

売上高営業損益純損益
14年3月期 7兆7672億円 264億9500万円 △1283億6900万円
前期実績 6兆7955億円 2265億300万円 415億4000万円
次期予想 7兆8000億円 1400億円 △500億円

プレイステーション4の発売やスマートフォンの好調、円安に伴う増収などのプラス材料はあったものの、PC事業の撤退に伴う構造改革費用や電池事業・ディスク製造事業における減損損失の影響などから、当期純損益は大幅な赤字転落となりました。

また、次期業績についても依然としてPC事業の撤退に伴う関連費用を計上することから、純損益は500億円の赤字継続となる見通しです。

2014年3月期決算短信:ソニー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事