不景気.com > 赤字決算 > ソニーの14年3月期は純損益1300億円の赤字へ、PC撤退費用

ソニーの14年3月期は純損益1300億円の赤字へ、PC撤退費用

ソニーの14年3月期は純損益1300億円の赤字へ、PC撤退費用

東証1部上場の電機大手「ソニー」は、2月6日付で発表した2014年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が1300億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2014年3月期通期連結業績予想:ソニー

売上高営業損益純損益
前回予想 7兆7000億円 800億円 △1100億円
今回予想 7兆7700億円 260億円 △1300億円
前期実績 6兆8009億円 2301億円 430億円

売上高は前回予想を上回ると見込むものの、PC事業の収束を発表した2月以降において、PC販売が低迷したことに伴う手元部品に対する評価損や発注済み部品に対する補償などから約300億円の追加費用を計上するほか、海外のディスク製造事業において約250億円の減損損失を計上するため、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

2013年度 連結業績見通し 修正のお知らせ:ソニー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事