不景気.com > 不景気ニュース > 沖縄三越が9月で閉店、1957年創業の百貨店

沖縄三越が9月で閉店、1957年創業の百貨店

沖縄三越が9月で閉店、1957年創業の百貨店

沖縄県那覇市の百貨店「沖縄三越本店」は、9月21日をもって閉店すると発表しました。

1957年に「大越百貨店」として開業し、1970年に三越と提携し「沖縄三越」へ名称を変更すると、那覇の繁華街・国際通りに面する地上7階・地下1階の百貨店に加え、那覇空港の売店やキッチン用品を扱うギフトショップなどの運営を手掛けていました。

しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みや他の商業施設との競争激化で業績が悪化したほか、沖縄三越に対し14%出資する「三越伊勢丹ホールディングス」との三越ブランドの利用に関する期限が切れることから、現状での営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

お知らせ|沖縄三越閉店のお知らせ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事