不景気.com > 国内倒産 > 青森の元・酒造「エム・ケー・スリー」に特別清算の開始決定

青森の元・酒造「エム・ケー・スリー」に特別清算の開始決定

青森の元・酒造「エム・ケー・スリー」に特別清算の開始決定

官報によると、青森県おいらせ町に本拠を置いていた元・清酒メーカーの「エム・ケー・スリー」は、5月13日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

江戸末期に開始した清酒製造業を前身として1944年に「二北酒造」の商号で設立、1984年には分離独立により「桃川」へ改称した同社は、清酒「桃川」「ねぶた」「杉玉」などを主力銘柄に年間2200キロリットル(一升瓶換算120万本)の販売数量を誇り、国内はもとより海外16カ国への輸出販売も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、若者の日本酒離れによる市場縮小などで販売が低迷すると、積極的な事業展開が裏目となり資金繰りが逼迫したため、営業継続を目的として韓国企業の支援により新会社「桃川」を設立し事業を継承する一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

帝国データバンクによると、2011年6月期末時点の負債総額は約27億円の見通しです。

「桃川」「ねぶた」を製造、元・清酒メーカーが特別清算(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事