不景気.com > 国内倒産 > 福井の老舗旅館「開花亭」が自己破産申請し倒産、負債10億円

福井の老舗旅館「開花亭」が自己破産申請し倒産、負債10億円

福井の老舗旅館「開花亭」が自己破産申請し倒産、負債10億円

福井県あわら市に本拠を置く温泉旅館の「開花亭」は、4月28日付で福井地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1905年(明治38年)に創業の同館は、客室数46室・収容人数230名・1万平方メートルの大庭園を持つ芦原温泉の老舗高級旅館で、昭和天皇が1947年・1962年・1968年と3度宿泊されるなど皇族や著名人にも愛されていました。

しかし、景気低迷による高級宿泊施設の落ち込みから客足が減少すると、東日本大震災の影響も重なり業績が悪化したため、2013年4月1日付で営業を停止し事後処理を進めていました。

福井新聞(電子版)などによると負債総額は約10億円の見通しで、営業再開を目指しスポンサー探しを続けたものの交渉がまとまらず、今回の措置に至ったとのことです。

あわらの開花亭が自己破産を申請 名門旅館109年に幕:福井新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事