不景気.com > 海外リストラ > 米コンピューター大手「HP」が最大16000人の追加削減へ

米コンピューター大手「HP」が最大16000人の追加削減へ

米コンピューター大手「HP」が最大16000人の追加削減へ

アメリカのコンピューター大手「ヒューレット・パッカード」(HP)は、11000人から16000人規模の人員削減を実施すると発表しました。

同社は、不採算事業の整理などに伴い2012年5月に34000人の人員削減を発表し、今年10月の削減完了を目指し実施しているものの、タブレット端末の台頭などでPC販売が落ち込むなか、更なる合理化策が必要と判断し今回の追加削減を決定したようです。

同社の従業員数は全世界でおよそ32万人と見られ、2012年5月以降の削減数は全従業員の約15%となる見通しです。

HP | HP Reports Fiscal 2014 Second Quarter Results

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事