不景気.com > 国内倒産 > 映画製作の「ハイビジョン映像」が破産開始決定受け倒産

映画製作の「ハイビジョン映像」が破産開始決定受け倒産

映画製作の「ハイビジョン映像」が破産開始決定受け倒産

東京都新宿区に本拠を置く映画製作会社「ハイビジョン映像株式会社」は、4月30日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1964年に設立の同社は、映画製作を中心とするほかテレビドキュメンタリーの製作も行い、代表作としては松田龍平さん主演の「長州ファイブ」や平山あやさん主演の「mayuココロの星」、榎木孝明さん主演の「アダン」を手掛けるなど業績は順調に推移していました。

しかし、近年はヒット作に恵まれなかったことに加え、映画制作の資金調達も厳しい状況が続き、今年3月には遂に出資者から破産を申し立てられ今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事